【LINE公式登録者 限定プレゼント】たった1記事で16万PV集めたネタを公開中!

Twitter新機能スペースの使い方や始め方!表示されない場合の対処法は?

2021年3月から徐々にTwitterの新機能Spaces(スペース)が使えるようになりました。

クラブハウスのような音声を楽しめる機能です。

まだ表示されない方や使い方・始め方が分からない方が多いと思うので紹介します。

目次

Twitter新機能Spaces(スペース)とは?

スペースは、Twitterの利用者だけで使える、音声を使って自分たちで作り上げるTwitterのコミュニティです。

つまりClubhouse(クラブハウス)のような音声会話をライブで行える新機能ですね。

2021年3月2日には、クラブハウスよりも先にAndroidで「スペース」機能が利用可能になっているので、広まるのが早そうです。

また、2021年3月5日には、「スペース」機能を使って、1部のユーザーからオープンな説明会も開催されこれからどんどん使える人が増えて、音声配信が流行っていきそうです。

ツイッター新機能スペースの使い方・始め方は?

スペースを試しに使ってみたいという方が多いと思います。

使い方はとても簡単!

①Twitterを開く

②作成を長押し

③左下のアイコンをタップ(このアイコンがない方は下記で詳細を書いています)

または、Fleetでプロフィール画像をタップし、右端までスクロールして [スペース] をタップする方法もあります。

④会話する相手を選ぶ

10人まで招待して会話が、できます。

⑤発言できる参加者を選ぶ

【全員】【フォローしているアカウント】【発言できる参加者として招待したアカウントのみ】から選択できます。

⑥マイクが起動される・【スペース開始】をタップ!

[マイクへのアクセスを許可] をオンし、マイクへのアクセスを許可してください。

⑦[字幕を共有] ボタンをオンまたはオフにします。

⑧スペースで録音を始めます。

簡単ですよね。

Twitterの作成を長押ししてスペースのアイコンをタップすれば直ぐにできます。

スペースが表示されない場合の対処法!

そもそもスペースのアイコンが表示されない!という方も多いのでは?

まずTwitterをアップデートをしてみてください。

それでも表示されない場合はこちらの申請フォームから登録してみてください。

全て英語表記なので翻訳も載せておきますね。

こちらの送信を押すと開設できます。

中には送信後20分で開設できた方もいました。

また、誰かのスピーカーとして上がった時に催促してもいいようです。

催促すると招待してもらえます。

Twitterをアップデートしてみる

申請フォームから申請をする

スピーカーに上がって催促してみる

このどれかの方法で今はできるようになるそうです。

非公開アカウントはスペースできる?

ツイートを非公開にしているアカウントは、スペースを作成できません。

しかし他のアカウントのスペースに参加して発言することはできます。

参加していることが他の参加者に表示されるので、注意が必要ですね。

基本的にスペースは公に公開されて話す場といったイメージです。

スペースに人数制限はあるの?

スペースは発言できるのは10人です。

リスナーに人数制限は今のところありません。(2021年3月8日現在)

クラブハウスはリスナーの人数制限があるので、そこが大きく違うところですね。

Twitter新機能スペースの使い方や始め方!まとめ

クラブハウスからツイッターまで音声配信が今流行っていますね。

クラブハウスは招待制ですが、Twitterは徐々にみんな使えるようになるようです。

iPhoneでない方も使える日が近そうなので、クラブハウスより広がるスピードが早い気がします。

使い方も簡単でツイート作成ボタンからスペースアイコンをタップするだけでした。

あとは、まだ新機能が導入されていない方は申請すれば楽しめそうです。

今後のスペースに注目が集まりそうですね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【ブログ歴半年で月収26万円達成!】元銀行員▶2021年1月~本格ブログ開始!▶4ヶ月目で50万PV▶半年で会社員時代のお給料超え▶フリーランス主婦へ▶現在妊娠8ヶ月!資産ブログのお陰で更新ほぼナシでも家賃が払える収入あり◎▶『自分のペースで好きな時に働きたい!おうちで会社員以上の収入を稼ぎたい方』に向けて情報を発信しています。

目次
閉じる